第33回管理栄養士国家試験
合格率100%を達成!

IMG_0285.jpgIMG_0294.jpgIMG_0288.jpg

2019年3月3日(日)に実施された第33回管理栄養士国家試験において、本学食物栄養学科の学生は全員合格しました。
今回の試験全体の合格率は60.4%、うち管理栄養士養成課程(新卒)の合格率は95.5%でした。
今後も管理栄養士を目指す学生への教育の充実に努めます。

●渡辺研究室で学ぼう!

LinkIcon渡辺研究室について
渡辺敏郎.JPGL51-5.tifstudy_sec2_pic_1.jpgimage4.JPG

食品は私達の生活に欠かすことができません。食品は栄養を摂るだけでなく、風味や食感で楽しみや喜びを味わい食品成分からは生体機能の調節や健康効果も期待できます。

渡辺研究室では、食品学の基礎と応用をしっかり学びながら食品成分の分析技術の向上、加工技術や発酵技術を活用した機能的な食素材の開発、身体にとって有益な効果を示す食品の開発、地域の食産業に役立つ調査研究などを卒論テーマとします。また様々な企業と共同研究もおこなっており、食品開発や食品機能の研究の面白さについて学ぶことができます。

これらの研究が食物栄養学科で学んだ四年間の大学研究の集大成となるよう、また卒業後のこれからの人生においても一生懸命に取り組んだ研究が自分自身の財産となるよう指導します。

食品についてあらゆる角度から日々楽しみながら一緒に学びましょう。




食物栄養学科 渡辺研究室 渡辺敏郎

【渡辺研究室 研究テーマ一覧】

●2018年度卒論テーマ(7テーマ:非開示のテーマあり)
 【食品開発】
  「柑橘じゃばら果皮を原料とした素材開発とその応用」
  「尼崎の伝統野菜”尼いも”を用いた甘酒の開発」
  「新規耐塩性酵母による醤油の試験醸造」
 【食品機能】
  「紫菊花に含まれるポリフェノールの分析とその機能性評価」
  「黄麹菌(Aspergillus oryzae)がマウスの脂肪蓄積に及ぼす影響」
  「植物発酵エキスに含まれる潰瘍性大腸炎抑制成分の解析評価」

●2017年度卒論テーマ(6テーマ)
 【食品開発】
  「奈良漬の漬粕を原料とした速醸味噌の開発」
  「玄米麹を用いた清酒の小仕込み試験」
 【食品機能】
  「マウス遊泳持久力に対する植物発酵エキスの効果」
  「ラットの血糖値変動に及ぼす麹甘酒の影響 -ブドウ糖溶液との比較-」
  「植物発酵エキスがラットの脂肪蓄積に及ぼす影響」
  「植物発酵エキス分画物の潰瘍性大腸炎抑制効果」

●2016年度卒論テーマ(5テーマ)
 【食品開発】
  「固定化させた桜乳酸菌による兵庫県産イチジクの用途開発」
  「桜酵母のドライイースト化による製パン技術への応用」
  「兵庫県産の無農薬玄米を用いた糀の開発」
  「製麹による尼崎の伝統野菜(尼いも)の新規用途開発」
 【食品機能】
  「DSS誘発潰瘍性大腸炎マウスに対する植物発酵物の効果

●2015年度卒論テーマ(3テーマ)
  「SONODA SAKURA酵母の単離と発酵食品への応用」
  「SONODA SAKURA乳酸菌の単離と発酵食品への応用」
  「園田学園女子大学生の発酵食品と健康に関する意識の調査」

●集まれ、リケジョ!
  研究したい女性たち
    開発に興味がある女性たち

研究したい人、開発に興味がある人、渡辺ゼミで一緒にがんばろう!
理系科目が苦手でも熱い気持ちがあれば大丈夫!
せっかくSONODAに来たのなら、ここでしかできないことをやろう!

IMG_0560.jpgIMG_0715.jpgIMG_1839.jpgIMG_0997(1).JPG

●発酵食品の魅力について研究

食品に微生物が棲みつき、増殖すると一般に「腐敗」という現象が起こります。
腐敗した食品を食べると健康を害するので、人間にとって有害だということになります。
ところが、同じように、食品に微生物が棲みつき、増殖しても人間にとって有益な物質をつくり、良い形で変化することがあります。
これを「発酵」といいます。
特に発酵食品の場合、微生物の力によって生み出される変化は、人間にとって有益で大きな魅力があります。
私たちが普段なにげなく食べているものの中にも、発酵食品はたくさんあります。
納豆、味噌、醤油など大豆を発酵したものをはじめ、清酒、ビール、ワイン、酢、鰹節、漬物、ヨーグルト、チーズなど、世界中に発酵食品があります。
これらの発酵食品をさまざまな角度から研究し、発酵食品のすばらしさを世の中に伝えたいと思っています。


渡辺研究室の実験風景はこちらをクリック

「発酵と酵素の機能食品研究会」のサイトはこちら

●高校生へのメッセージ

IMG_1838.jpg進路に悩んでいる高校生たちへ
  〜管理栄養士になろう〜


管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。
管理栄養士は、病気で入院中の方、高齢で食事がとりづらい方、健康を維持したい方など、個人の状態に合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や栄養管理、献立の作成などができる食と栄養のスペシャリストです。
この管理栄養士の資格を活かせる仕事は様々で、医療施設、老人福祉施設、介護保険施設、児童福祉施設、小・中学校、行政機関、企業、管理栄養士・栄養士養成施設、試験研究機関などがあります。
管理栄養士として働くとあらゆる人の役に立っていることが実感でき、自分が社会で大きく貢献できていることを感じ取れます。

園田学園女子大学では、人間の健康を食物、栄養の面から追求し、自ら実践し、専門的な知識、指導技術、管理能力を身につけ、地域社会に貢献できる人材の育成を目指し、管理栄養士の資格が取得できるよう、1年次から試験合格に向けた対策講座を実施しています。
夏休みや春休みなどの長期休暇には、集中講義や模擬テストを繰り返し行うことで苦手科目を克服し、4年間かけてしっかり実力アップを図ります。

特に力を入れているのがスポーツ栄養の知識を持った管理栄養士の育成です。
トップアスリートからスポーツが好きな人まで、そしてスポーツをする子どもたちに対し、運動能力を高めるための栄養や食事に関するアドバイスができます。
各種スポーツの監督やコーチ、スポーツ団体などからのニーズも高く、栄養面からケガや疲労が起こりにくい身体づくりのサポートをおこないます。

また最近少しずつ増えてきているのが企業における管理栄養士の活躍です。
管理栄養士の資格を持つ人は、食品メーカーなどで製品開発や品質管理、メニュー開発などの仕事につくことが可能です。
コツコツと地道な開発が新しいモノを生み出し、食の素晴らしさや健康に役立つ商品を人々に送り届けることができます。
そして、そこで得た知識や技術は、未来の管理栄養士を育成することにつながっていきます。

渡辺研究室では、食品学の基礎と応用をしっかり学び、また実験や研究を通して考える力と問題解決能力が習得できるよう教育しています。
将来、食品メーカーなどで新たな製品を開発するには、知識や技術はもちろん必要ですが、ひらめきや応用力がないと良い製品は生まれません。
品質管理や工程管理、品質保証の分野においても管理栄養士の知識と考える力があるとそれは強力な力となり会社にとって必要とされる人材になります。

あなたも社会に貢献できる管理栄養士の資格を目指して、園田学園女子大学、渡辺研究室で、一緒に学びませんか。



平成32年度入試情報はこちら


オープンキャンパス情報はこちらをクリック↓↓↓↓
slide_pc01.jpg


【就活:社会で活躍する渡辺ゼミ出身の女性たち】

■「卒業生のページ」ができました

渡辺ゼミの卒業生は、みんなそれぞれの職場で活躍し成長しています。

学生たちが未来の道を探すためのロールモデルとなる、渡辺ゼミの卒業生の活躍をアップしました。

これから進路を見定める学生さんの参考になればと思います。

img20180517_012.jpg

IMG_0713.JPGIMG_0782.JPGIMG_0640.jpgIMG_0678.JPG





●新着情報 (ニュース)

2019.7.30
美と若さの新常識~カラダのヒミツ」 NHK BSプレミアムに出演しました
2019.5.18
第73回日本栄養・食糧学会大会」で発表しました
2019.3.26
「日本農芸化学会大会」で発表しました
2019.3.29
「第33回管理栄養士国家試験」の結果が発表されました
2019.3.14
「卒業式」がおこなわれました
2019.2.2
「日本農芸化学会関西支部会」で発表しました
2019.1.13
NHK WORLD-JAPAN 「Medical Frontiers Special Search for Superfoods in Niigata」に出演しました
2018.11.24
「卒論発表会」がおこなわれました
2018.11.12
eo光チャンネル「技術立国日本!」に出演しました
2018.8.29
「工場見学」に行きました
2018.5.12-13
「第72回日本栄養・食糧学会大会」で発表しました
2018.03.17
「日本農芸化学会大会」で発表しました
2016.3.02
朝日放送「キャスト」に出演しました
2015.6.25
雑誌「クロワッサン」に掲載されました




■発酵と酵素の機能食品研究会 第4回定期大会が開催されます

2019年6月29日(土)13:30~
発酵と酵素の機能食品研究会 第4回定期大会 (新大阪ワシントンホテルプラザ)
大会長:高岡素子(神戸女学院大学)

「発酵」「酵素」「機能性食品」等の研究に関する発表および発酵や酵素に関わる食品の価値を再認識し、さらにその展開や可能性を探るなど、様々な議論ができる場です。
ふるってご参加ください!

大会情報はこちらをクリック


■研究成果が記事になりました

2016年度の卒論テーマ「DSS誘発潰瘍性大腸炎マウスに対する植物発酵エキスの効果」が記事になりました。
本研究は、㈱機能性食品開発研究所(岡山市)との共同研究です。
潰瘍性大腸炎の記事.jpg

研究室の出来事

管理栄養士国家試験

国試.JPG

img20180517_013.jpg

第33回管理栄養士国家試験
平成31年3月3日に試験が実施されました。
渡辺研究室の受験者は全員合格しました!
おめでとう!



合格情報の詳細と合格体験談はこちらをクリック!LinkIcon




bnr_top_fb.png

bnr_top_lineat.png

fb_pc.png

img20180517_011.jpg